posレジ導入の流れ|posレジシステムのメリットや機能を分かりやすく説明|posレジ疑問解決局

posレジ導入の流れ

レジスター

まずは配置スペースを決めよう

posレジを導入する際は、まずお店の中のどこにレジを配置するか、どれほどのスペースが取れるか決める必要があります。お店の面積が小さく大きなスペースが取れない場合は、posレジ専用機よりもタブレット型の方が良い可能性があります。また、ネットワーク環境についても調べる必要があります。

配置したあとの設定

posレジを業者に依頼して実際に配置したあとは、細かな金額設定やメニュー設定があります。大まかな設定は業者の方がしてくれます。しかし、メニューの金額や割引きなどはお店の人が最初に1から設定する必要があります。初めのうちに操作に慣れておくといざという時に焦る必要がありません。

保守と運用をする

運用し始めると、定期的に点検をしたりするだけで長い期間使うことができます。不具合が出始めたら業者に相談するようにしましょう。少しでも分からないところがあれば、業者の方が丁寧に教えてくれます。初めは大変ですが一度慣れると非常に便利で役に立つシステムです。

posレジ周辺機器役立つランキング

no.1

カードリーダー

posレジでは様々な周辺機器と連動することができます。その中でも導入しておくと最も役に立つ周辺機器が、カードリーダーです。カードリーダーを使うとクレジットカードでの決済が楽になります。お客様の不便も減らすことができるので、posレジシステムの導入と同時に一番使いたい周辺機器です。

no.2

ハンディ端末

2番目に役に立つ周辺機器がハンディ端末です。特に飲食店では大きく活躍します。ハンディ端末を持って遠くのテーブルへ行き、オーダー情報を入力するとposシステムにデータが同時に入力されます。注文漏れを防いだり注文状況を確認しやすくします。

no.3

カスタマーディスプレイ

3番目にあると役に立つ周辺機器はカスタマーディスプレイです。タブレット型のposレジに、さらにカスタマーディスプレイをつけるとお客様に注文内容や価格を見せることができます。会計がよりスムーズになりお客様の誤解や間違いを減らすことに繋がる便利な周辺機器になります。

広告募集中